ALL BLACKS

オールブラックスがもっと好きになる!知っておきたい10の基礎知識

ラグビーの地上最強軍団
「オールブラックス」とは?

「オールブラックス」とは、15人制ラグビーのニュージーランド男子代表チームの愛称です。ワールドカップ史上最多となる3回の優勝を誇り、さまざまな国際大会で最多の優勝記録を保持するなど、世界最強の名にふさわしい実力を誇ります。また、これまでに対戦した全ての対戦相手国に対して勝ち越している、世界で唯一のチームでもあります。

ちなみに「オールブラックス」の愛称は、厳密にはラグビー男子代表チームだけのことを指し、女子ラグビー代表には「ブラックファーンズ」という別の愛称があります。またニュージーランドの先住民族であるマオリ族のメンバーのみで構成された「マオリ・オールブラックス」や、7人制ラグビー代表「オールブラックス・セブンズ」「ブラックファーンズ・セブンズ」も存在します。

まさかの“誤植”から
生まれた!?
「オールブラックス」の
名前の由来

「オールブラックス」という愛称は、1905年から1906年にかけて、ニュージーランド代表チームが、英国をはじめとするブリテン諸島遠征を行った際に始まりました。その由来にはふたつの説があります。ひとつは、黒色が対戦相手のチームの色と混同しない色で、シダの葉のシンボル「シルバー・ファーン」を目立たせる背景色だったことから、ユニフォームをすべて黒にすることになったことからという説。そしてもうひとつの説は、なんと、ニュージーランド代表チームの試合を見た現地英国の新聞記者による“誤植説”です。チーム全員がバックスのように縦横無尽に走りまわるプレースタイルを「All Backs(オールバックス)」と書くつもりだったのが、記者によるスペルミスで「All Blacks(オールブラックス)」と新聞に記載されたのだそうです。

しかし、今では、オールブラックスの名誉と成功にあやかるため、ニュージーランドでは多くのスポーツ代表チームの愛称の一部に「ブラック」が利用されています。

ユニフォームの胸に輝く
シダの葉
「シルバー・ファーン」

ユニフォームの胸に縫い付けられている、シダの葉のシンボルは「シルバー・ファーン」と呼ばれています。葉を裏返すと銀色に輝く、ニュージーランド固有のシダ植物がモチーフです。
また非公式ながらも、世界の人々がニュージーランドをイメージする際、最も認知されているシンボルでもあります。もともとは第二次ボーア戦争にて軍が使用したのがきっかけでしたが、それ以来、多くの代表スポーツチームがロゴとして使用してきました。

ちなみにマオリ族にはこのような有名なことわざがあります。
「一人の戦士が死んだ時、もう一人が立ち上がる」
「一本のシダが枯れた時、もう一本が立ち上がる」
これは、チームメンバーがお互いをサポートして成り立つ、ラグビーの試合そのものを象徴する言葉でもあります。シダの葉が特にラグビーとの関わりが深いシンボルになったこともうなずけますね。

ちなみに、これほどまでに国の象徴として親しまれ、認知されているシルバー・ファーンを、ニュージーランドの国旗に描こうという動きも。最終的には選ばれなかったものの、2015年から2016年には、実際に国旗変更の国民投票まで行われました。

幼稚園から教え込まれる
伝統舞踊
試合前に披露する
迫力の「ハカ」

オセアニア地域の先住民族は、戦闘に際して味方を鼓舞し、相手を威嚇するため、戦いの前に「ウォー・クライ(War Cry)」という舞踊を演じてきました。ニュージーランドではマオリ族の伝統的なウォー・クライとして「ハカ」という民族舞踊があります。このハカを有名にしたのは、オールブラックスです。試合前、相手チームへ敬意を表するため披露する、迫力満点のハカですが、今やラグビーに限らず、多くのニュージーランド代表のスポーツチームが試合前に取り入れています。

試合前のハカを世界中に知らしめたはじまりは、1888年、オールブラックスの試合がはじまりとされています。以来、長い年月の中でさまざまなバージョンのハカを披露してきました。なかでも最もよく知られ、多く演じられているものは「Ka Mate(カ・マテ)」です。日本人の耳には「頑張って」と聞こえることでも有名で、日本のTVCMにも使われたこともあります。
現在、オールブラックスの試合前には必ずハカが披露されますが、その先導役はマオリ族の血を引いた選手が行うことが通例です。
ちなみにニュージーランド国民は、マオリ文化継承のため、幼稚園の頃からさまざまな種類のハカを学び、冠婚葬祭や式典など節目の行事で披露されます。例えば高校のスポーツチームなどでは、チーム独自のハカを学んだり、卒業式などスポーツ以外のセレモニーでもこのハカを披露したりします。ニュージーランド人にとってハカはとても身近な文化でもあるのです。

世界最強の座を虎視眈々と狙う
オールブラックスのライバル

オールブラックスの好敵手といえば、オーストラリア代表「ワラビーズ」と南アフリカ共和国代表「スプリングボクス」が有名で、過去何度も激闘を繰り広げてきました。その中でも近年、有力なライバルとして割って入ったチームをご存じでしょうか。ウェールズ? イングランド? アイルランド? いえいえ、実は「レ・ブルー」の愛称で呼ばれるフランス代表です。フランスとラグビーのイメージが結びつきにくい方には、意外に思えるかもしれませんが、レ・ブルーは北半球の全チーム中、オールブラックス戦の勝利回数が最も多いチームなのです。さらに過去のワールドカップ決勝トーナメントでは、最強の実力を誇っていたオールブラックスを2度も撃破している、まさに「天敵」。2011年ワールドカップでは決勝で激突し、8-7でからくもオールブラックスが勝利しましたが、一歩も譲らない接戦を繰り広げ、ファンをヒヤヒヤさせました。

日本生まれの代表選手も!
強さの秘密は「多様な選手構成」

チームメンバーの多くはニュージーランド生まれの白人やマオリ族、ポリネシア系移民から構成されています。しかし、過去にはインド、香港など、ニュージーランド以外の13カ国で生まれた選手が選出されています。日本と縁が深いのは、90年代にリコーで活躍したエディー・イオアネ選手を父に持つ、リコ・イオアネ選手と、兄のアキラ・イオアネ選手。兄弟でオールブラックスにて活躍しています。アキラ・イオアネ選手は日本で生まれ、4歳まで日本で過ごしており、名前も日本名にあやかっています。弟のリコ(Rieko)選手の英語名の発音は「リコー」に近いから、ひょっとしたらリコーにあやかっているのかも!?

ヘビー級のプロボクサー
も代表に!?
代表選手の選考基準とは

オールブラックスは、主にニュージーランドの国内リーグで活躍する選手だけで構成されます。そのため海外移籍した選手は、基本的に代表の選考対象外となります。
また選手選出や育成において、選出基準の最優先事項とされているのは「トータル技術力の高さ」です。基本概念としてチームメンバー23人全員が、相手よりも高い精度でキャッチ、パス、ランをこなせることに最も重点をおいており、その次に体格などの判断材料が加えられます。ポジションごとに専門技術があると言われるラグビーですが、オールブラックスに選ばれる選手は、それに加えて「ALL BACKS(全員がバックス)」が大げさではないほど、高い身体能力と技術力でマルチな能力が求められるのです。

ちなみに、現在も代表で活躍中のサニー・ビル・ウィリアムズ選手は、15人制ラグビーの代表であるオールブラックスのほか、13人制のラグビーリーグでも代表経験を持つほか、ヘビー級のプロボクサーとしても7戦7勝3KOという成績を残している異色のマルチアスリートです。オールブラックスの身体能力がいかに高いかがわかる、興味深いエピソードです。

2度の栄光が刻まれた聖地
“非公式”ホームスタジアム

実はオールブラックスには、特定のホームスタジアムというものが公式には設定されていません。ニュージーランド国内にあるスタジアムすべてをホームスタジアムとして、これまでいくつもの栄光を手に入れてきました。中でも最も多くの試合をホストしたのは、オークランド市郊外にあるイーデン・パーク・スタジアム。5万人が収容できる国内最大のスタジアムで、オールブラックスが優勝した1987年&2011年ワールドカップ決勝戦を含む85試合を開催しています。

最強軍団を作り上げた
“レジェンド”選手6人!

ラグビーがニュージーランドに伝来した1870年以来、多くの選手がオールブラックスの成功に貢献してきました。その中でも、歴史上特筆すべき6人の「レジェンド」たちをご紹介しましょう。

デイブ・ギャラハー(フッカー)
1905年、初のブリテン諸島遠征時に結成された「オリジナル・オールブラックス」の初代キャプテン。彼のリーダーシップのもと、オールブラックスはこの遠征で35試合中34回の勝利を収めました。
コリン・ミーズ(ロック)
愛称「パインツリー」。1950年代から70年代まで、オールブラックスとして133試合に出場し、勇猛なプレースタイルで活躍した伝説的プレーヤー。南アフリカ遠征では試合中に腕を骨折したが最後までプレーを続行したという有名な逸話も残ります。ニュージーランドラグビー協会に、20世紀を代表する選手に選出されたアイコン選手。
ジョン・カーワン(ウィング)
1980年代から90年代にかけて活躍した名ウィング。地元開催となった第1回ワールドカップでは、伝説的な90メートル独走トライを含む6トライをあげ、大会最多トライ選手に輝き優勝に貢献しました。2007年から2011年までラグビー日本代表のヘッドコーチも務めました。
ジョナ・ロムー(ウィング)
当時史上最年少の19歳でオールブラックスに選出。196cm、119kgの巨体ながら、100mを10秒5で走る爆発的なスピードとパワーでトライを量産しました。1995年(南アフリカ大会)、1999年(ウェールズ大会)と2大会連続でワールドカップの最多トライ王に輝いています。
ダン・カーター(フライハーフ)
ワールドラグビーの年間最優秀選手に3回選出され、史上最高のスタンドオフ(フライハーフ)と呼ばれています。テストマッチでの個人通算1598得点は歴代最多記録。現在、日本のトップリーグの強豪、神戸製鋼コベルコスティーラーズにて活躍しています。
リッチー・マコウ(フランカー)
ワールドカップを主将として2連覇に導き、世界最優秀選手賞に3度選出された、オールブラックス史上「最高のキャプテン」。世界屈指の「ボールハンター」としての能力と高いディフェンス力でチームを牽引しました。世界歴代最多となる148試合に出場した記録を持ちます。

2019年の注目選手!

ボウデン・バレット

● ポジション:フライハーフ ● 身長/体重:187cm/91kg ● 生年月日:1991年5月27日

チーム不動の司令塔で、世界ナンバーワンのスタンドオフ(フライハーフ)の呼び声高い若き天才プレーヤー。正確無比なキックとパスを交えて沈着冷静にゲームをコントロールしながら、自らランで突破できる突出したスピードと攻撃力も兼ね備えています。フルバックやウィングなどもこなせるユーティリティプレーヤー。5兄弟と3姉妹の次男で、ふたりの弟もオールブラックス入りしています。

サニー・ビル・ウィリアムズ

● 所属:ブルーズ ● ポジション:センター、ウイング ● 身長/体重:194cm/108kg ● 生年月日:1985年8月3日

前述でも紹介しましたが、ヘビー級のプロボクサーとしての顔も持つ、ラグビー界のスーパースターです。接点でのコンタクトプレーに非常に強く、卓越した突破力と激しいタックルを伴ったディフェンス力もピカイチ。中でも彼の代名詞的なプレーが、タックルを受けながら出す「オフロードパス」。相手が自分にタックルしてきているため味方の人数が余りやすく、大きなチャンスにつながるビッグプレーです。大舞台で何度もこのオフロードパスを繰り出し、勝利に貢献してきました。

キーラン・リード

● 所属:クルセイダーズ ● ポジション:NO.8(ナンバーエイト) ● 身長/体重:193cm/110kg ● 生年月日:1985年10月26日

恵まれた体格で制する空中戦と、身体を張ったプレーで2011年、2015年のワールドカップ2連覇に貢献。2013年にはワールドラグビーの年間最優秀選手に輝いています。100キャップを超える経験とリーダーシップを持ち、偉大な主将、リッチー・マコウからキャプテンを引き継ぎました。学生時代は2,000人規模の高校で、学業でもトップの成績だったという文武両道を地でいく選手。実はクリケットでも彼の出身地のチーム「Counties Manukau」にて活躍していたほどの腕前です。

リコ・イオアネ

● 所属:ブルーズ ● ポジション:ウィング ● 身長/体重:189cm/103kg ● 生年月日:1997年3月18日

ニュージーランドはもちろん、世界で今もっとも輝かしい才能と称される、若きスピードスターです。17歳の若さで7人制の代表でリオ五輪に出場。2016年には19歳でオールブラックスデビューを飾り、以来ほとんどのテストマッチに出場しています。2017年には年間10トライをあげる活躍でワールドラグビーの新人賞に輝きました。突出したスピードはもちろん、コンタクトの強さ、柔軟なステップ、巧みなボールコントロールを併せ持ち、オールブラックスの歴代ウィングの特徴をブレンドしたかのような超人的な選手です。